ご自分の歯を大切にしていかれたい方の悩みや疑問にお答えします。

入れ歯・義歯

だからみんなに選ばれる! 入れ歯のメリット

虫歯や歯周病、事故やケガなどで歯を失ってしまった場合、歯の機能を補うために多くの方は入れ歯を使います。 さまざまな方法の中から多くの人に選ばれてるのにはいくつものメリットがあるからです。

  • 保険に適応していて治療費が安い
  • 短期間で咀嚼機能を回復できる
  • 歯を削ることや、外科手術をする必要がない
  • 歯を失った本数に拘わらず治療できる

入れ歯 保険診療

保険診療で作成できる入れ歯は基本的にすべてプラスチックで、強度を保つために分厚くなってしまいます。 そのため違和感が出たり、食べものの温度がわかりにくくなったりします。しかし「噛む」機能としては十分です。

入れ歯 自費診療

金属床義歯

入れ歯の土台部分を「床」といい、この床をどんな素材で作るかによって入れ歯の強度や装着感が変わります。 特に優れているのが金属で作られた「金属床義歯」です。 金属であれば強度が高いため薄くできて、違和感がありません。また温度も感じます。

磁性アタッチメント

虫歯が進行して根のみが残った歯根に磁性金属を入れ、入れ歯にも小さい磁石をつけて固定する入れ歯のことです。 歯根の中にある磁石と入れ歯についた磁石が強力に密着するので、ずれることがありません。 部分入れ歯だけでなく総入れ歯にも適用できます。

ノンクラスプデンチャー

入れ歯にある金属製のバネを取り、弾力性のある素材を使った入れ歯です。 本来金属のバネは入れ歯を支えるために必要でしたが、 ノンクラスプデンチャーは素材がやわらかく弾力性があるため支えがいりません。 また、金属がないため人工歯を傷つけることもありません。見ためもきれいです。

診療・カウンセリング予約はこちらから

電話でも予約を受け付けています043-277-1597
受付時間は平日(木曜日を除く)、土曜日
9:00~12:00  14:00~18:00(土曜日は17:00まで)